<楽天>接戦制し貯金12

【東北楽天2―1オリックス】プロ初勝利を挙げて、お立ち台でウイニングボールを手に笑顔を見せる菅原=コボパ宮城

 東北楽天が接戦を制し、2連勝で貯金を今季最多12に伸ばした。先発古川が二回に駿太の適時三塁打で1点を先取されたが、三回に茂木の犠飛で追い付いた。同点の五回は1死二、三塁から敵失の間に1点を勝ち越した。古川が五回途中に降板以降は、菅原ら5投手が無失点リレー。菅原がプロ初勝利を挙げた。
 オリックスは打線が六回以降1安打と湿り、反撃できなかった。


 東北楽天−オリックス6回戦(東北楽天5勝1敗、13時、Koboパーク宮城、27,294人)

オリックス010000000=1
東北楽天 00101000×=2

(勝)菅原8試合1勝
(S)松井裕18試合2勝1敗12S
(敗)ディクソン5試合4勝1敗

☆イヌワシろっかーるーむ

<藤田一也内野手(九回1死、武田の中前に抜けそうな打球を横っ跳びで好捕して二塁ゴロに)>
「中前への打球も多少意識をしていたので、反応できた。自分でもいいプレーだったと思う」

☆梨田の話ダ

<持ち場で仕事した> 
 「福山、森原、ハーマン、松井(裕)が持ち場で仕事をした。いい勝ち方」(六回以降の救援陣が1点リードを守り切った勝利に)


2017年05月05日金曜日


先頭に戻る