<楽天>西武に1−7 投打振るわず完敗

 東北楽天は投打に振るわず完敗した。先発釜田は四回に中村の2ランなど6長短打を浴びて4点を失い、五回途中5失点で2敗目。3番手森も八回に2失点し、リードを広げられた。打線は西武先発の菊池に六回まで1安打に封じられ、七回に銀次の適時打で1点を返すのがやっとだった。
 菊池は7回1失点の好投で3勝目。チームの連敗は3で止まり、勝率が5割に戻った。

 西武−東北楽天4回戦(西武3勝1敗、14時1分、メットライフドーム、32,598人)
東北楽天000000100=1
西  武00041002×=7
(勝)菊池6試合3勝1敗
(敗)釜田4試合1勝2敗
(本)中村8号(2)(釜田)=4回

☆梨田の話ダ

<今日のアマダーは>
 「今日はダメダーだったね。菊池も良かったけど。153キロ、154キロを出していたので、そう簡単には打てないけど、振り遅れ気味だった」(4番の4三振にもさばさばと)

☆イヌワシろっかーるーむ

<森雄大投手(4月6日のソフトバンク戦に先発して以来の1軍登板)>
 「ボール自体は良かった。八回に甘い球もあって2安打されたが、また次に投げたら、思い切って腕を振ってアピールしたい」


2017年05月06日土曜日


先頭に戻る