<楽天>終盤の反撃及ばず

 東北楽天は終盤の反撃が及ばず敗れた。3点を追う八回に島内の5号ソロとペゲーロの適時打で2得点。2−3の九回も2死二、三塁を築いたが、一打を欠いた。先発美馬は一回に柳田の適時二塁打で2点先取された後は無失点でしのいだものの、5回2失点で今季初黒星を喫した。
 ソフトバンクは5連勝で首位東北楽天とのゲーム差を1.5に縮めた。


 ソフトバンク−東北楽天7回戦(東北楽天4勝3敗、13時2分、熊本、12,922人)

東北楽天  000000020=2
ソフトバンク20000010×=3

(勝)中田7試合4勝2敗
(S)サファテ16試合14S
(敗)美馬7試合4勝1敗

(本)島内5号(1)(中田)=8回


☆梨田の話ダ

<明日は先取点を> 
 「今日は中田の荒れ球に手こずったが、明日は岸に先取点をプレゼントしてあげたいね」(岸が予告先発の14日のソフトバンク戦に向け、打線に奮起を期待)


☆イヌワシろっかーるーむ

<与田剛投手コーチ(5回2失点の美馬に)>
「四球も多かったし、もっと点を取られてもおかしくなかったが、五回までなんとか投げた」

<福山博之投手(八回1死一塁で高谷がバントした小飛球を飛びついて捕球)>
「とっさに捕った。でも冷静に考えれば、バウンドさせてから二塁送球して併殺にできたかもしれない」

<菅原秀投手(六、七回の2イニングを投げ、七回に1失点)>
「中軸に回る七回への回またぎはちょっと難しかった」


2017年05月14日日曜日


先頭に戻る