<楽天>美馬9回無失点

延長戦の末、ロッテに競り勝ちタッチを交わす楽天ナイン=ZOZOマリン

 東北楽天は0−0の延長十二回、田中が2死一塁からプロ初本塁打となる左越え2ランを放ち、2試合連続となった延長戦を制した。先発美馬は9回無失点と好投し、十回以降も3投手が無失点でつないだ。十一回を投げた3番手福山が2勝目、十二回を締めた松井裕が16セーブ目を挙げた。
 ロッテは5番手土肥が踏ん張れず、両リーグ最速の30敗目。

 ロッテ−東北楽天9回戦(東北楽天7勝2敗、14時、ZOZOマリンスタジアム、21、575人)
東北楽天000000000002=2
ロッテ 000000000000=0
(延長12回)
(勝)福山18試合2勝
(S)松井裕22試合2勝1敗16S
(敗)土肥6試合1敗
(本)田中1号(2)(土肥)=12回

☆梨田の話ダ
<長嶋さんには…>
 「3打席連続三振して、4打席目も2ストライクに追い込まれた。長嶋さんになれるかなと思ったけれど、なれなかったね」(プロ初先発の田中が、3打席連続三振した後、4打席目に初ヒットとなる左中間二塁打。プロデビュー戦が4打席連続三振だった長嶋茂雄氏と重ね合わせて)

☆イヌワシろっかーるーむ
<池山隆寛チーフコーチ(初先発の田中について)>
 「2打席連続三振した時点で、代えた方がいいのかとコーチ陣で相談していたが、監督にその気はない様子だった」


2017年05月21日日曜日


先頭に戻る