<楽天>長打攻勢で圧倒 先発辛島が5勝目

打線の援護を受け、5勝目を挙げた東北楽天先発の辛島

 東北楽天は長打攻勢で圧倒した。一回にウィーラーが先制ソロ、三回にも2打席連続のソロを放った。さらに2−2で迎えた五回にはペゲーロの3ラン、岡島の3点三塁打で6点を勝ち越し。七回にも2点を追加し、ダメを押した。先発辛島は7回6安打2失点でリーグトップタイの5勝目を挙げた。
 オリックスはエース金子が打ち込まれ、五回途中で降板。終盤の反撃も及ばず、6連敗となった。

 オリックス−東北楽天7回戦(東北楽天6勝1敗、18時、京セラドーム大阪、15、364人)
東北楽天 101060200=10
オリックス002000031=6
(勝)辛島7試合5勝2敗
(敗)金子9試合5勝2敗
(本)ウィーラー7号(1)(金子)=1回、ウィーラー8号(1)(金子)=3回、ペゲーロ9号(3)(金子)=5回、T―岡田11号(1)(入野)=8回

☆梨田の話ダ
<三役そろい踏みならず>
 「あとはアマダーに一発が出れば、三役そろい踏み? 3横綱土俵入りみたいになったんだけどね」(ウィーラー、ペゲーロがそろって本塁打を放った展開を振り返って)

☆イヌワシろっかーるーむ
<入野貴大投手(八回に2番手で今季初登板も本塁打を浴びるなど3失点)>
 「直球に頼りすぎた。もっと変化球をうまく使えば良かった。しっかり反省し、次回はいい投球をしたい」
 池山隆寛チーフコーチ(金子を攻略しての勝利に)「(2日に)仙台では抑えられたけれど、しっかり点を取れた。岡島の三塁打が効いたね」


2017年05月24日水曜日


先頭に戻る