<楽天>茂木 生え抜きで初の2桁本塁打

2回東北楽天2死一塁、茂木が右越えに2ランを放ち5−0とする

 東北楽天の茂木が二回に10号2ランを放ち、生え抜き野手で球団史上初となる2桁本塁打を記録した。お立ち台では「僕が初めてでいいのかなという気持ちはあるけど、これからもどんどん打てるよう頑張ります」と謙虚に喜んだ。
 3−0で迎えた二回2死一塁の第2打席。「(直前の)嶋さんの適時打で、投手の集中力は切れている。絶対甘い球が来るから振り抜こう」との読み通り、3球目に来た甘い変化球を右翼ポール際へ運んだ。
 新人の昨季は117試合出場で7本塁打。今季は出場40試合目にして早くも2桁に乗った。「(球団の歴史に)残るのはうれしい」と話しつつも、「自分はホームランバッターではないから数字は気にしていない。強いスイングをして角度が付いた時にスタンドに入る、そういう打撃をしていきたい」と自分のスタイルを冷静に分析する。
 梨田監督も「この時期に10本はえっ、と思う。30本くらい、いってくれても全然構わない」と目を細めた。(浦響子)


 


2017年05月29日月曜日


先頭に戻る