<楽天>貯金最多タイ23に

5回楽天1死一、三塁、アマダーが勝ち越しの左犠飛を放つ=2017年7月6日、ZOZOマリン

 東北楽天は2連勝。貯金を今季最多タイの23とした。一回に銀次の適時内野安打で先制すると、1−2で迎えた五回にはアマダーの犠飛などで2点を重ねて逆転。九回にはウィーラーの2ランなどで3点を追加し突き放した。先発釜田は2失点したものの六回まで粘投して4勝目。七回以降は福山、ハーマン、松井裕の継投でリードを守った。
 ロッテは四、六回の得点機でもう一打が足りなかった。

ロッテ−東北楽天12回戦(東北楽天9勝3敗、18時33分、ZOZOマリンスタジアム、13、508人)
東北楽天100020003=6
ロッテ 000200000=2
(勝)釜田8試合4勝2敗
(敗)佐々木11試合2勝7敗
(本)ウィーラー18号(2)(内)=9回

☆梨田の話ダ
<ぜいたくを言えば>
 「ぜいたくを言えば、松井(裕)にはセーブがつく場面で投げさせてあげたかった」(九回に4点差に引き離した後で登板した松井裕をねぎらって)

☆イヌワシろっかーるーむ
<松井裕樹投手(4点リードで登板し1回無失点)>
 「点差は関係なく、やることは同じだった。前回登板で失点し、相手にはいけるという雰囲気があったかもしれないが、それを断ち切りたかった。三者凡退で完璧な投球をしたかった」

<池山隆寛チーフコーチ(序盤に畳み掛けられず)>
 「追加点が欲しい時に取れなかった。チャンスメークはできているけど、三回までに5点ぐらい取らないと。シーズン後半の戦いを考えると、取れる時に1点でも取っておきたい」


2017年07月06日木曜日


先頭に戻る