<楽天>あすから敵地で日ハム戦 

室内の全体練習で汗を流す銀次(手前)ら東北楽天ナイン

 東北楽天は16日、18日の日本ハム戦(北海道・函館)で再開するリーグ戦に向け、仙台市宮城野区のコボパ宮城で練習した。

 野手陣は、前半戦最後となった11、12日のソフトバンク2連戦で勝負強さを見せた銀次、ウィーラーが打撃練習で快音を響かせ、好調ぶりを印象づけた。投手陣は18日からの日本ハム3連戦、続く21日からコボパ宮城でのオリックス3連戦で先発が予想される辛島、岸、塩見、古川、美馬、則本らが守備練習などで汗を流した。
 後半戦は開始から9月上旬まで7週連続6連戦という過密日程。日本ハム3連戦の2戦目での先発が見込まれる岸は「試合が続けばどうしても救援陣への負担がかかる。それを少しでも減らせるように、後半戦、しっかりと投げたい」と意気込みを語った。チームは17日に北海道入りする。


2017年07月17日月曜日


先頭に戻る