<楽天>投打かみ合い連敗6でストップ 島内先制12号

2回楽天2死、島内が左越えに先制ソロを放つ=2017年8月22日、ZOZOマリンスタジアム

 東北楽天は投打がかみ合い、連敗を6で止めた。新人の先発藤平は力のある直球を軸にテンポ良く投げ、5回を2安打1四球7奪三振の無失点でプロ初勝利。六回以降は5投手がつないで逃げ切った。
 打線は二回に島内の左越えソロで先制し、三、五回はアマダーの適時打2本などで計3点を追加。七回もペゲーロのソロなどで加点して流れを渡さなかった。
 ロッテは先発石川が序盤に崩れたのが誤算。打線が八回に2点を返すにとどまり、3連敗となった。

 ロッテ−東北楽天16回戦(東北楽天12勝4敗、18時15分、ZOZOマリンスタジアム、18,102人)
東北楽天012010200=6
ロッテ 000000020=2
(勝)藤平3試合1勝2敗
(敗)石川14試合3勝10敗
(本)島内12号(1)(石川)=2回、ペゲーロ22号(1)(石川)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ
<嶋基宏捕手(先発藤平の投球を振り返り)>
 「球持ちが良いので切れがすごい。走者を出しても落ち着いていた。けん制の仕方も修正できていた」

<与田剛投手コーチ(プロ初勝利の先発藤平に)>
 「3試合目でやっと勝ちが付いて良かった。1軍でも(先発ローテーションの)6、7番目に入る力がある。今後の起用は相談して考えるが、使いたい」

<島内宏明外野手(二回に先制の左越えソロ)>
 「子供の頃、僕にとって甲子園のヒーローだった瀬間仲ノルベルトさん(宮崎・日章学園高出、元中日)のように上から球をたたく打法で打った」

☆梨田の話ダ
<連敗ストッパー>
 「高卒1年目の新人に連敗ストッパーになってもらうとは思っていなかった。本当に助かった」(先発藤平の好投で連敗が6で止まり)


2017年08月23日水曜日


先頭に戻る