<楽天>好機で一本出ず2連敗 オコエ1号ソロがやっと

7回途中で降板を告げられ、肩を落とす楽天・安楽(20)=ZOZOマリン

 東北楽天は好機で一本が出ず2連敗。先発安楽は三回に荻野の左越えソロで先制されると、六回は2死二塁から福浦の左越え適時二塁打で2点目を許した。七回途中2失点の粘投だったが、打線の援護がなく4敗目。打線は九回にオコエの今季初本塁打で1点を返すのがやっと。一回無死二、三塁の得点機で一打を欠いたのが痛かった。
 ロッテは先発関谷が6回無失点の好投で今季初勝利。

ロッテ−東北楽天18回戦(東北楽天12勝6敗、18時15分、ZOZOマリンスタジアム、19,705人)
東北楽天000000001=1
ロッテ 00100100×=2
(勝)関谷3試合1勝2敗
(S)内38試合4勝1敗10S
(敗)安楽7試合1勝4敗
(本)荻野3号(1)(安楽)=3回、オコエ1号(1)(内)=9回

☆梨田の話ダ
<2本目なら…> 
 「2本目(のフライが初回に出ていた)なら犠牲フライだったんだけどね」(三回にアマダーが飛距離十分な右飛を放ちながら、初回に犠飛が出なかったことに)

☆イヌワシろっかーるーむ
<高梨雄平投手(今季30試合目の登板。七回1死からの救援で無失点)>
 「一試合一試合を積み重ねてきた結果。これからもホールドの数を意識して投げていきたい」


2017年08月25日金曜日


先頭に戻る