<楽天>青山、5回に見事な火消し

【東北楽天13―5ロッテ】東北楽天2番手の青山=コボパ宮城

 東北楽天の2番手青山が五回に見事な火消し役を演じ、「ランナーをかえさずに抑えられて良かった」と満足そうに語った。
 8−2の五回、辛島がペーニャに2ランを浴び、続く鈴木に右前打を許した場面で緊急登板。中村を外角スライダーで空振り三振に仕留めると、福浦は速球で詰まらせて二飛に打ち取り、ガッツポーズで喜んだ。
 34歳のベテラン右腕はシーズン終盤に頼もしい働きを見せ、通算500試合登板まであと6試合。「今季中に達成できるように頑張る」と奮闘を誓った。


2017年09月17日日曜日


先頭に戻る