<楽天>逆転負け、西武とゲーム差3

【東北楽天2―5ロッテ】9回ロッテ2死満塁、大嶺翔に逆転の走者一掃中越え3点適時二塁打を放たれがっくりしゃがみ込む東北楽天・松井裕=2017年10月1日、コボパ宮城

 東北楽天は抑えの松井裕が九回に4失点して逆転負け。2連敗で2位西武とのゲーム差が3に広がった。
 2−1の九回2死満塁から大嶺翔に走者一掃の二塁打を浴び、代わった5番手青山も適時打を許して2−5と突き放された。先発辛島は6回1失点。打線は一回に銀次の右前適時打で先制し、同点の七回には藤田の右犠飛で勝ち越したが、その後は無得点だった。
 ロッテは2連勝。八回から九回途中までを抑えたチェンが3勝目を挙げた。

 東北楽天−ロッテ22回戦(東北楽天14勝8敗、14時、Koboパーク宮城、26,430人)

ロッテ 010000004=5
東北楽天100000100=2

(勝)チェン27試合3勝4敗
(敗)松井裕52試合3勝3敗33S
(本)ペーニャ15号(1)(辛島)=2回

☆梨田の話ダ
<則本頑張って> 
 「中継ぎも(登板数が増えて)相当投げ込んでいる。則本にはしっかり(長い)イニングを頑張ってほしい。打線の援護がないことには投手も苦しいので、何とか野手も踏ん張ってほしい」(西武2連戦を前に)

☆イヌワシろっかーるーむ
<足立祐一捕手(九回に逆転を許した松井裕のリードについて)>
 「多くの球を全力で投げさせ、負担が大きかったと思う。あまり組んだことがないコンビで、コミュニケーション不足だったと反省している」

<岡島豪郎外野手(七回無死二塁、一塁への絶妙な犠打で好機を広げる)>
「内角高めの球にとっさに反応したが、ぎりぎり(のタイミング)でよく決まったと思う」


2017年10月02日月曜日


先頭に戻る