<楽天>2位西武に大敗 ゲーム差「3」に

8回楽天1死満塁、代打足立が空振り三振に倒れる=メットライフドーム

 東北楽天は六回以降に突き放され大敗。2位西武とのゲーム差が3に開いた。
 先発美馬は二回に炭谷に先制ソロ、2−1の三回には山川に逆転2ランを浴びた。六回は森の適時二塁打などで2点を奪われ、6回5失点で7敗目。打線は1点を追う三回にペゲーロの適時打などで2得点して一度は逆転したが、その後は七回の1点止まり。八回無死満塁の絶好機を生かせず、救援陣が失点を重ねた。
 菊池は8回3失点でリーグトップタイの16勝目。

 西武−東北楽天25回戦(西武16勝8敗1分け、18時1分、メットライフドーム、21,611人)
東北楽天002000100=3
西  武01200205×=10
(勝)菊池26試合16勝6敗
(敗)美馬25試合11勝7敗
(本)炭谷4号(1)(美馬)=2回、炭谷5号(2)(菅原)=8回、山川22号(2)(美馬)=3回、秋山25号(2)(入野)=8回

☆梨田の話ダ

<8回が全て>
 「八回の表裏が全てだった。菊池はギアを上げてきたが、1点でも2点でも取れていれば、その裏から起用する投手も変わった」(東北楽天は無得点、西武は5得点と明暗を分けた八回の攻防を振り返って)

☆イヌワシろっかーるーむ

<池山隆寛チーフコーチ(八回無死満塁からのベンチワークについて)>
 「(左腕菊池に対し)中川が代打の1番手、続く右の代打は足立しかいないと思った。監督、コーチ、スコアラーのみんなが知恵を絞ったが、菊池にエースの貫禄があった」

<与田剛投手コーチ(6回5失点の先発美馬に)>
 「西武の各打者に配球をうまく読まれた。負けてしまったけれど、得るデータもあったので、次の対戦でしっかり生かしたい。(2位浮上は厳しくなったが)可能性がゼロになるまでは全力でやっていく」


2017年10月04日水曜日


先頭に戻る