<楽天>難敵菊池から3回に2得点も攻略に至らず

 0−1の三回2死三塁、東北楽天の藤田が同点となる投前安打を放って難敵の菊池を苦しめた。「バットに当てれば何かが起きる」。打球をはじいた菊池の失策を誘って二進し、次打者ペゲーロの中前打で生還した。
 犠打と内野ゴロで走者を地道に進めた味方に応える一打。「スタミナがある投手に球数を投げさせるより、追い込まれる前に打とう」とストライクを取りにきたスライダーを積極的に振った結果が実った。
 菊池からの1イニング複数得点は今季初で、計3得点は今季最多。しかし、8戦全敗と攻略には至らなかった。藤田は「いい投手には変わりない」とCSでの対戦に向け、警戒を強めた。


2017年10月04日水曜日


先頭に戻る