<楽天>投打に圧倒して大勝 先発藤平3勝目

オリックスに勝利しナインを迎える、3勝目を挙げた楽天・藤平(左から4人目)ら=京セラドーム

 東北楽天が投打に圧倒して大勝。1分けを挟む連敗を2で止めた。
 六回に足立の2点三塁打で先制。2−0の九回には銀次の2点二塁打などで5点を奪った。先発藤平は要所を締める投球で6回を無失点でしのぎ、七回からは青山、高梨ら4投手の継投で反撃をかわした。藤平は約1カ月ぶりの3勝目。
 オリックスは5連敗。先発山岡が六回途中2失点と踏ん張ったが、打線の援護を得られず11敗目を喫した。救援陣も精彩を欠いた。

 オリックス−東北楽天最終戦(東北楽天16勝8敗1分け、18時1分、京セラドーム大阪、27,462人)
東北楽天 000002005=7
オリックス000000000=0
(勝)藤平8試合3勝4敗
(敗)山岡24試合8勝11敗

☆イヌワシろっかーるーむ

<与田剛投手コーチ(藤平の好投に)>
 「今回は最近の試合で見られた荒れ球ではなかった。CSでも十分先発を任せられる」

☆梨田の話ダ

<よく抑えた>
 「プレッシャーのかかるところを抑えた。いろいろな使い方ができそうなので、もう一回いい場面でテストしたい」(八回のピンチで火消し役を務めた4番手の宋家豪をたたえて)


2017年10月08日日曜日


先頭に戻る