<センバツ響け球音>球威十分制球も安定

冬場の投げ込みの成果に自信を持ち、ブルペンで力強い投球を見せる長谷川=多賀城市の仙台育英高グラウンド

 第89回選抜高校野球大会は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。東北からは、昨秋の東北大会準優勝の盛岡大付(岩手)と、同大会を制し、準優勝した2015年夏以来の大舞台を踏む仙台育英に加え、21世紀枠の不来方(岩手)が出場する。活躍が期待される戦力やチームの特長をそれぞれ紹介する。

◎東北勢の注目選手(中)仙台育英 長谷川拓帆(投手)

 秋田市桜中3年の夏、東北中学野球大会で無安打無得点試合を達成し、速球派左腕として注目された。同大会では全国制覇した秀光中教校に0−1と惜敗。同校主将だった西巻に誘われ、共に仙台育英に入った。
 「小中学校から自信を持ってきた直球で、相手が分かっていても打てない球を投げたい」。あどけなさの残る顔立ちからは、想像できないほど力強い球を投げる。佐々木監督は「体に力があり、大したボールが来ないように見えても球威がある」と評価する。
 主戦として臨んだ昨秋の宮城県大会と東北大会は全8試合に先発し、計55回で3失点と抜群の安定感を発揮。178センチ、82キロの体格から投じる最速143キロの直球に加え、スプリットボールやスライダーなど縦の変化球を効果的に使う。
 だが、続く明治神宮大会では、「フォームが崩れ、力が入ってしまった」と6回を投げ毎回の8四球を出して初戦敗退。それ以降は週6日ブルペン入りして多い時で100球以上を投げ込み、「感覚をしっかりつかめた」と制球力の自信を取り戻した。「0点に抑えれば負けることはない。東北の代表として、初優勝を果たしたい」と力強く語る。

◎打線に切れ目なし

 昨秋の東北大会のチーム打率は3割5厘。同大会で打率4割超の活躍を見せた1番の西巻主将をはじめ、上位から下位まで切れ目なく好機をつくり得点できる。
 主戦の左腕長谷川は東北大会で計31回を投げ防御率0.87。明治神宮大会は制球に苦しんだが、冬の投げ込みで制球力や球威が増した。右腕西巻、左腕佐川らにも安定感があり、投手層は厚い。
 守備はセンターラインを中心に堅守を誇る。佐々木監督は「今までやってきたことを全て出してほしい」と話す。
 大会第4日(22日)の第1試合で福井工大福井と対戦する。


2017年03月15日水曜日


先頭に戻る