<センバツ>力投三浦瑞「心が折れた」制球乱す

履正社―盛岡大付 5回表履正社2死満塁、自らの暴投で先制点を許し、マウンドで話す盛岡大付の先発三浦瑞(左)と捕手松田

 0−0の五回、2死走者なしから5失点。力投していた盛岡大付の先発左腕三浦瑞が、一つのプレーをきっかけに崩れた。
 この回、2死から安打を許し、続く強打者の安田を変化球で内野ゴロに詰まらせた。「すごくうれしかった」。狙い通り抑えたと思った次の瞬間、目を疑った。守備に定評のある二塁手の小林が打球を後逸した。
 「心が一瞬、折れた」と言う三浦瑞は、若林に四球を選ばれて満塁。暴投で先制点を許すと、試合の流れは相手に傾き、連続適時二塁打で失点を重ねた。
 バッテリーを組む松田は「満塁の場面で声を掛けることができず、(三浦)瑞樹はつらかったと思う。甲子園の雰囲気に負けてしまった」と明かす。
 主戦平松は肩の不調を訴え、三浦瑞が3戦とも先発した。2回戦は昨年優勝の智弁学園(奈良)を相手に4安打1失点で公式戦初完投。変化球を低めに集める投球を準々決勝でも四回までは披露したが、守備や制球の乱れにつけ込まれた。
 打線は2安打に抑えられ、投打で力負け。春夏を通じて初めて進んだ準々決勝で厳しさを味わった。3季連続の甲子園出場が懸かる夏に向け、三浦瑞は「失策があっても点をやらないのが良い投手。チーム全体で勝たないといけない」と課題を口にした。(原口靖志)


2017年03月30日木曜日


先頭に戻る