<仙六野球>宮教大/両右腕軸に上位狙う

柴田主将

◎仙台六大学野球開幕(下)春の栄冠つかめ

 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は8日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月5〜11日、東京・神宮球場、東京ドーム)の出場権を懸けて覇権を争う各チームを紹介する。

 昨季は学院大に連勝し、66季ぶりに勝ち点を奪うなど4位と健闘。投打とも厚みを増した戦力でさらに上位を狙う。
 浮上の鍵を握るのは昨季チーム防御率4.27とリーグ最下位だった投手力。経験豊富な佐藤、松下両右腕を軸に底上げを図った。佐藤はスローカーブで打者のタイミングを外すのがうまく、松下は最速148キロの速球を武器にする。下手投げの丹野、横手投げの広島、緩急をつけた投球が光る大友ら継投陣もそろう。
 援護する打線も力強さを増した。昨季、ベストナインを獲得した主軸の渡辺はパワーがあり、黒沢は長打を広角に打ち分ける。下位打線に入るとみられる大和田、千葉にも一発がある。冬場に取り組んだ打撃強化練習の成果を出せるか。
 高橋監督は「選手が好機をつかむ気迫を前面に出し、良いスタートを切りたい」と話す。

<個々の力遜色ない/柴田主将の話>
 個々の選手の力は他の5チームと遜色ないと思っている。うちの持ち味である、基本に忠実な野球をぶれずにやり続けてAクラス(3位以内)入りを目指したい。

部長 西城  潔(東北大院)
監督 高橋 顕法(仙台育英高)
投手 佐藤 優樹(4)175 82 右右(仙台一)
   菊田 将也(4)168 72 右右(宮城・気仙沼)
   丹野 大地(4)175 72 右右(仙台向山)
   村井 勇斗(4)174 80 右右(仙台一)
   松下 圭太(3)183 84 右右(福島)
   阿部 充晃(3)181 78 右右(仙台一)
   広島 寛太(3)173 74 右右(宮城・泉館山)
   大友 健司(3)179 70 右左(宮城・佐沼)
捕手 杉本 浩一(4)174 72 右右(青森・八戸工大二)
   渡辺 允基(3)172 85 右左(仙台南)
   伊藤 暁平(2)170 72 右右(秋田南)
内野 金  祐輝(4)165 65 右右(岩手・盛岡三)
  ◎柴田 優祐(3)168 70 右左(宮城・東陵)
   大和田侑杜(3)173 70 右右(宮城・東北学院)
   馬場 翔大(3)169 62 右右(宮城・泉館山)
   土井 妥剛(3)162 59 右左(山形・酒田東)
   佐々木 陸(2)167 67 右右(岩手・大船渡)
   金井健一郎(2)173 73 右右(仙台一)
外野 工藤  航(4)172 66 右右(宮城・泉館山)
   黒沢  廉(3)178 80 左左(秋田南)
   川村 康祐(3)170 70 右左(青森・八戸)
   後藤 健太(3)175 65 右右(宮城・泉館山)
   千葉 晴也(2)172 67 右左(岩手・一関一)
   松本 智貴(2)175 80 右右(福島・いわき光洋)
   伊藤 聖真(2)177 77 右右(山形・酒田東)


2017年04月08日土曜日


先頭に戻る