<B2秋田>高橋が引退 秋田アンバサダーに

高橋 憲一

 B2秋田は30日、元仙台のシューティングガード高橋憲一(36)の引退を発表した。高橋は秋田のアンバサダーとなり、地域活動やスクール事業に携わる。
 潟上市出身、東北学院大出。2006年にbj仙台に入団し、精度の高い3点シュートを武器に6季プレー。その後、bjの岩手、青森を経て15年、秋田に加入した。B1の昨季は55試合出場。3点シュート成功率は36.4%を記録した。高橋は「11年のプロ生活で出会えた全ての人に感謝する。これからは選手とは違う形でチームの力になりたい」とコメントを出した。


2017年07月01日土曜日


先頭に戻る