<アジアユースパラ>ボッチャ日本代表の村上監督「全種目メダルを」

大会でのメダルの獲得を誓った村上さん

 10〜13日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれるアジアユースパラ競技大会で、ボッチャの日本代表監督を務める仙台大大学院2年村上光輝さん(43)=福島県白河市=が6日、宮城県柴田町の同大で阿部芳吉学長に奮闘を誓った。
 ボッチャは3人一組で、投げたボールが的のボールにどれだけ近づけるかを競う。同大会では15〜21歳を対象に障害のレベル別に4種目が行われ、日本選手は12人出場する。
 村上さんは「国内トップクラスの選手もおり、全種目でメダルを取りたい。2020年東京パラリンピックに向け、国際大会の経験は重要になる」と語った。阿部学長は「油断せず、目標に向かって頑張ってほしい」と励ました。
 村上さんは同大でボッチャのゲーム分析を研究。リオデジャネイロ・パラリンピックでは日本代表のヘッドコーチを務めた。


2017年12月07日木曜日


先頭に戻る