<羽生結弦>氷上練習できず フィギュア全日本出場に暗雲

羽生結弦選手

 フィギュアスケートの2014年ソチ冬季五輪王者で、11月9日に練習で右足関節外側靱帯(じんたい)を損傷した羽生結弦(ANA、宮城・東北高出)が氷上練習を再開できていないと10日、日本スケート連盟の小林芳子強化部長が明らかにした。羽生は強化拠点であるカナダのトロントで療養しており、平昌五輪代表最終選考会の全日本選手権(21〜24日・東京)出場に暗雲が垂れ込めた。
 羽生は全日本欠場となっても世界ランキング1位などの実績があり、選考基準で代表入りが確実。小林強化部長によると、羽生は「だいぶ良くなりましたが、まだ痛みがあるため、氷上練習はできていません。治療とリハビリを頑張っています」と話しているという。小林強化部長は羽生の全日本出場について「大切な選考のための大会。五輪という大きな目標があるので、それを踏まえて(一緒に)考えていきたい」と語るにとどめた。


2017年12月12日火曜日


先頭に戻る