楽天初代エース岩隈、古巣への思い「将来的に縁があれば、また楽天に」まずはメジャー復帰目指す

野球教室に参加した後、インタビューに答える岩隈

 米大リーグ、マリナーズの岩隈久志投手(36)が河北新報社の取材に応じ、東北楽天を2005年の創設から11年まで支えた初代エースとして東北や古巣への思いを語った。「宮城の子どもたちと触れ合えて良かった。仙台でもっと、こういう機会を増やせたらいい」。9日にコボパ宮城(仙台市)であった野球教室に参加し、笑顔を見せた。
 12年に大リーグに活躍の場を移して以降、第三セクター三陸鉄道(宮古市)の草野球チームのゼネラルマネジャーを務めたり、16年8月の台風10号豪雨の被災地岩泉町を訪問したりと、主に岩手で活動。宮城での野球教室は初めてだった。
 マリナーズの6年間で63勝、16年は自己最多の16勝を挙げた。だが、今季は右肩炎症で初めて0勝に終わった。9月下旬に肩を手術し、現在はリハビリを続ける。球団とはマイナー契約で、来春のキャンプも招待選手として参加し、再起を期す。
 「今はまだノースロー(投球禁止)状態で復帰時期は見えてこないが、しっかりとトレーニングをして順調に進んでいる」と着実な歩みを強調する。
 東北楽天では07年に右肘を手術した後、飛躍の時期を迎えた。08年に21勝を挙げて最多勝、防御率、最高勝率の投手3冠。沢村賞、MVPにも輝いた。09年は日本代表の主力としてワールド・ベースボール・クラシック2連覇に貢献。チームに戻ってはエースとして初のクライマックスシリーズ進出に導いた。「あの時のようにまた強くなっていきたい」と成長を誓う。
 東北楽天は13年に初の日本一に。今季も夏場まで首位に立つ快進撃を演じて3位になった。岩隈は後輩たちの奮闘を頼もしく感じ、「(創設期の)弱かった自分たちの頃とは違う。ソフトバンクの次に強いチームになった」と語る。
 古巣には、かつて共に戦った高須氏がコーチ、渡辺直が選手として復帰した。岩隈も「東北で(選手として)育った。常に恩返ししたい気持ちがある。将来的に縁があれば、何らかの形でまた楽天に戻りたい」と愛着を見せる。そして「まずはメジャーに復帰し、東北の人たちに夢や希望を感じてもらえる姿を見せたい」と意気込む。(金野正之)


2017年12月13日水曜日


先頭に戻る