• 記事を印刷

<仙台L>5発大勝 先制後も攻撃の手緩めず

前半、中盤で競り合う仙台Lの中野(左)。後方は井上=浜山公園陸上競技場

 レギュラーシリーズ第17節第1日の22日、島根県出雲市の浜山公園陸上競技場などで4試合があり、3位の仙台レディース(仙台L)は7位の岡山湯郷に5−2で大勝した。仙台Lは勝ち点を36に伸ばしたが順位は3位のまま。
 仙台Lは前半31分、ゴール前で中野からパスを受けた井上が右足で決めて先制。43分とロスタイムには小野が連続ゴールを挙げた。後半、岡山湯郷の反撃を受けながらも攻撃の手を緩めず、嘉数と安本が得点した。
 首位のINAC神戸は千葉と0−0で引き分け、勝ち点を41に伸ばした。同37で2位の日テレが23日、伊賀に敗れれば最終節を残してINAC神戸のシリーズ1位が決まる。

仙台L(36) 5 3−0 2 岡山湯郷(18)
          2−2

▽得点者【仙】井上、小野2、嘉数、安本【岡】高橋千2


2015年09月23日水曜日

  • 記事を印刷
先頭に戻る