<仙台L>プレーオフ勝利を サポーター声援

レギュラーシリーズ最終戦の千葉戦で、選手に大きな声援を送る仙台Lサポーター

 サッカー女子、プレナスなでしこリーグの仙台レディース(仙台L)は27日、利府町の宮城スタジアムでレギュラーシリーズ(RS)最終戦を行い、過去最高の3位で終えた。プレーオフに当たる来月からのエキサイティングシリーズ(ES)上位リーグ進出が決まっており、サポーターからは「初タイトルを目指して」と期待する声が上がった。
 最終戦は1415人の観衆が集まった。千葉に0−3で敗れたが、大勢のサポーターがベガルタコールで選手をねぎらった。
 今季は鮫島彩選手(常盤木学園高出)ら主力級がチームを離れたが、大方の予想を上回る3位と躍進した。
 富谷町の自営業高平克巳さん(49)は「上出来だと思う。中野真奈美、有町紗央里両選手の加入などで得点力が上がり、躍進の要因になった。ミスが多かった守備を修正し、ESでタイトルを」と期待した。
 アウェーを含めて全試合を観戦している仙台市泉区の会社員清野洋恵さんは「ことしは気持ちの入ったタフな試合をしてくれる。逆転勝ちが多いのは、力が付いている証拠」と分析。「選手も本気でタイトルを狙っているはず。全身全霊を込めてプレーしてほしい」とエールを送った。
 ES上位リーグは10月10日ごろに開幕し、RSの上位6チームが全5節で争う。日程は今月30日に発表される。


2015年09月28日月曜日

先頭に戻る