• 記事を印刷

<ベガルタ>渡辺監督、闘志高める

 3季目の指揮を執る仙台の渡辺監督は2月27日の開幕戦の相手が横浜Mに決まり、「シーズンがいよいよ始まるという気持ちになる」と気を引き締めた。
 リーグ史上最も早い開幕については「(3年前に)ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に出場し、ホームで2月に戦った経験もある」と意に介さない。「短い期間のトレーニングで質を高め、強敵にぶつかる」と闘志を高める。
 ホーム開幕戦は3月6日にFC東京を迎え撃つ。「サポーターの皆さんは一日でも早く新チームを見たいはず。それまでエネルギーをためてもらい、試合当日に発散してわれわれを後押ししてほしい」と呼び掛けた。


2016年01月14日木曜日

  • 記事を印刷
先頭に戻る