<ベガルタ>攻撃面の強化に力

 午前と午後の2部練習を計2時間半行い、攻撃面の強化に力を入れた。午前は6人1組のパス回しや、3人で攻め上がる練習を実施。午後は2対2での攻防、ピッチ半面を使ったミニゲームなどに取り組んだ。
 MF水野が風邪から復帰し、午後に全体練習に合流した。体調不良などでFWのウイルソンと金園、MFのハモンロペス、金眠泰、茂木、藤村、DFの二見、常田、GK石川慧の9選手は別メニューだった。
 2月2日まで続く鹿児島キャンプは既に6日目。渡辺監督は「不調を訴える選手もいるが、いずれも大事には至っていない。万全な選手は、攻撃を中心とした練習に意欲的に取り組んでいる」と話した。31日は午前のみの練習を行う予定。
(30日、曇り時々晴れ、正午の気温13.1度)


2016年01月31日日曜日


先頭に戻る