<ベガルタ>渡辺監督「ギアもう一段上げる」

「開幕に向け、もう一段ギアを上げる」と張り切る渡辺監督

 延岡での2次キャンプを終え、渡辺監督がこれまでの成果や課題を振り返った。(聞き手は剣持雄治)
 −鹿児島、延岡でのキャンプを消化した。
 「けが人が全員戻っていないのは残念だが、残った選手が狙いを持って、(意図を)共有して、試していることには満足している。開幕に向け、もう一段ギアを上げる準備ができている」
 −2日間のオフを挟む。
 「一度、サッカーから離れ、(頭の中を)空っぽにしてきて、その後、いろんなものを吸収してほしい。開幕に向けて心身共に高まりを見せなければならない」
 −最終キャンプ地、宮崎での狙いは。
 「ボール、判断、プレーのスピードを上げる。戦術を研ぎ澄まし、より高める。仙台のキャンプは長いが、(選手には)終わっただけで達成感を持ってほしくない。キャンプの後が勝負になる」
 −27日に横浜Mとの開幕戦を控える。5年ぶりに敵地でシーズンの幕を開ける。
 「仙台に戻れば天候が懸念される。開幕前まで宮崎で調整し、横浜に乗り込む。(仙台で練習を見せられず)サポーターには我慢をしてもらうことになるが、開幕戦に足を運んでもらい、われわれを後押ししてほしい」


2016年02月14日日曜日


先頭に戻る