<ベガルタ>きょうアウェー鳥栖戦

 J1仙台は16日、リーグ戦第15節鳥栖戦(17日19時・ベアスタ)に向け、仙台市の泉サッカー場で約1時間、最終調整した。
 ミニゲームではMF三田がボランチに入り、同位置のMF富田と連係を確認。3バックの左を務めたDF増嶋は、球際への厳しい守備を見せた。累積警告で出場できないFWクリスランは、控え組で汗を流した。
 仙台は6勝2分け6敗の勝ち点20で10位。前節は甲府に3−0で完勝し、今季初の3連勝を狙う。鳥栖は5勝4分け5敗の勝ち点19で12位。前節は大宮に1−1で引き分けた。YBCルヴァン・カップ戦を含めた直近の3試合は2勝1分けと好調を維持している。
 渡辺監督は「相手の監督は対戦相手によって選手の立ち位置を変えてくるので、しっかり対応したい。球際に厳しく寄せてくるチームなので、一歩も引かないようにしたい」と話した。


2017年06月17日土曜日


先頭に戻る