<ベガルタ>「一致団結し、強い仙台へ」渡辺監督、結団式で決意

新シーズンへの決意を語る渡辺監督

 サッカーJ1仙台の結団式と激励会が12日、仙台市青葉区の仙台勝山館で開かれた。イレブンはスポンサー関係者約200人を前に今シーズンの健闘を誓った。
 開催中のU−23(23歳以下)アジア選手権日本代表で、新加入のDF板倉滉選手を除く選手26人と渡辺晋監督らが出席。渡辺監督は結団式で「頼もしい選手たちや日本一のサポーターと一致団結し、強い仙台を見せられるよう精進する」と決意を語った。
 選手を代表し、GKシュミット・ダニエル選手が「自分たちのサッカーを信じ最後まで頑張る」とあいさつ。西川善久社長は「リーグ戦で5位以内を達成し、カップ戦でタイトルを取る」と話した。
 チームは15日から、沖縄県糸満市などでキャンプに臨み、開幕戦となる2月25日のホーム柏戦を迎える。


2018年01月13日土曜日


先頭に戻る