<ベガルタ>震災を経験したMF富田「サッカーができることに感謝」

MF富田 晋伍

 仙台は現在、リーグ戦開幕2連勝とチーム状態がいい。主将富田は「いい流れの時に勝ち点を積み重ねていかないと、チーム目標(5位以内)を達成するのが難しくなる」と気持ちを引き締める。
 昨季も今季と同様、開幕から1−0のスコアで2連勝したが、第3節で神戸に敗れた。昨季と同じ状況での対戦を前に「同じことを繰り返さないようにしたい」と意気込む。
 仙台で東日本大震災を経験した数少ない選手の一人。「サッカーができることに感謝しながらプレーしたい。ピッチで戦うことこそが、自分たちが一番やるべきこと」と集中力を高めている。


2018年03月10日土曜日


先頭に戻る