<マイナビ仙台>なでしこリーグ21日開幕 安本主将「チーム一丸で優勝狙う」

千葉の上野主将(右)と握手し健闘を誓い合う仙台の安本主将

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグ開幕(21日)を前に、参戦する10チームの監督と主将が12日、東京都内で記者会見した。昨年4位のマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)の安本紗和子主将は「これまでの積み重ねを生かしてチーム一丸で優勝を狙う」と抱負を語った。
 越後和男監督は「チームはいい雰囲気で仕上がっている。開幕から二つ勝って勢いに乗りたい」と話した。仙台の開幕戦はホームのユアスタ仙台で千葉と対戦する。
 リーグ戦は11月3日まで。2回戦総当たりで争う。優勝賞金1000万円。3〜7月にはなでしこリーグ・カップが開催される。

◎安本主将「地域に勇気を」
 仙台の安本主将は「やっと始まる」と開幕へ胸を躍らせる。「今年こそタイトルを獲得したい」と気合十分だった。
 11日は新潟との練習試合があり、1−3で敗れた。「ラストパスとシュートの精度を開幕まで修正したい」と課題を語った。
 試合前には東日本大震災の犠牲者へ向けて黙とうをささげている。「良い試合をすることで地域を勇気づけたい」と意気込んだ。


2018年03月13日火曜日


先頭に戻る