宮城のニュース
  • 記事を印刷

山桜、残雪、新緑…「ランプの宿」彩り豊か泉

見頃を迎えた山桜。残雪、新緑とのコントラストが客の目を楽しませている

 冬期休業を終え、4月29日に営業を再開した栗原市花山の湯浜温泉三浦旅館で、山桜が見頃を迎えている。桜色と残雪の白、新緑のコントラストが訪れる人の気持ちを癒やしている。
 旅館前にある山桜は高さ、幅とも約10メートル。27日ごろに花が開き始め、気温が25度以上になった28日に一気に七、八分咲きとなった。付近の残雪は解けつつあり、山々はパステルカラーの新緑に彩られ、冬から春への移り変わりを感じられる。
 桜は今週いっぱい楽しめるとみられる。三浦旅館は「今の時季しか見られない桜、雪、新緑の彩りを見てもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2015年05月01日金曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る