秋田のニュース
  • 記事を印刷

朝採り山菜を当日発送 ネット通販人気・小坂

秋田の山菜の味と魅力を発信する栗山さん

 秋田県小坂町の地元企業「あきた森の宅配便」が手掛ける予約制の山菜のネット通販が人気を集めている。地元の山を知り尽くした「名人」たちが朝採りした山菜を、その日のうちに発送する鮮度や味が受け、リピーターも増えている。

 同社は、地域の産品を通して地域おこしをしたいと、栗山奈津子さん(26)の家族らが2006年に設立した。昨年、栗山さんが社長に就いた。
 扱う山菜はタラノメ、フキノトウ、葉ワサビなど十数種類に上る。「山菜は素人が行ってもすぐには採れない」と栗山さん。「代行サービス」と銘打ち、小坂町や大館、鹿角両市の50〜80代の男女25人に山菜採りを依頼する。いずれも幼いころから山に入り、山菜の旬を見極める目を持つ人ばかりだ。
 ことしは雪解け後の天候がよく、山菜の成長は例年より速い。「名人だからこそ、不安定な自然相手でも注文に応えられる」と栗山さんは話す。
 昨年度は250グラム〜1キロ単位で、首都圏を中心に、東北各県などから500件の注文があった。栗山さんは「ことしは昨年の2倍以上が目標」と意気込む。通年販売に向けて、冬に塩漬けなど保存食の販売も検討している。
 「昔からある山菜でも、食べたことない人にとっては新しい食材」とも言う。4月に東京で料理教室を開くなど、山菜料理の普及にも努める。
 旬を味わうには、半月〜1カ月前の予約がお勧め。現在はミズ、ワラビ、山ウド、ネマガリタケを受け付けている。電話予約も可。連絡先は森の宅配便0186(29)3003。


関連ページ: 秋田 経済

2015年05月05日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る