宮城のニュース
  • 記事を印刷

<農協立てこもり>逮捕の男 金銭トラブルか

【写真】立てこもりのあったみどりの農協鹿島台支店=22日正午ごろ、大崎市鹿島台平渡

 22日午前8時40分すぎ、大崎市鹿島台平渡のみどりの農協鹿島台支店のJAバンクに男が立てこもり、「ガソリンのような液体をカウンターにまいた」とJAバンク職員から110番があった。駆け付けた古川署員が説得に当たったが、興奮した男がライターで火を付けたことから、現住建造物等放火容疑などで現行犯逮捕した。

 古川署によると、男は大崎市鹿島台木間塚福芦、無職安部達広容疑者(60)。JAバンクの開店直後にガソリンとみられる液体入りのバケツを持って押し入り、カウンターなど数カ所に液体をまいた。その後、ライターを片手に「火を付けるぞ」などと職員を脅し、一時立てこもった。
 駆け付けた古川署員が安部容疑者と交渉。午前10時25分ごろ、安部容疑者が液体に火を付けたため、署員が用意していた消火器で火を消すとともに、その場で安部容疑者を取り押さえた。
 当時、店内には男性客1人と職員7人がいて、全員無事だった。当初、幹部職員ら3人が安部容疑者の説得に当たっていたが、署員到着後に交代し、店外に避難した。
 安部容疑者は以前からみどりの農協と金銭トラブルを抱えており、特定の職員を名指しして会わせるよう迫っていたほか、甲高い声で「通帳」などと叫んでいたという。
 安部容疑者は「燃やすつもりはなかったが、火が付いてしまった」などと犯意を否認している。
 現場はJR東北線鹿島台駅から西約150メートルに位置する町中心部。近くに保育園や中学校があり、一時騒然となった。


関連ページ: 宮城 社会

2015年05月22日金曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る