宮城のニュース
  • 記事を印刷

<仙台パルコ>新館、16年初夏オープン

 パルコ(東京)が仙台市青葉区のJR仙台駅西口に建設している仙台パルコ新館(仮称)の開業は、当初公表していた2016年春からずれ込み同年初夏になりそうだ。同社によると、東日本大震災の復興需要に伴う人手不足や資材の高騰の影響はなく、「計画を精査した結果」という。
 新館は市内2カ所目の店舗。商業施設イービーンズ北側約3600平方メートルの敷地に地下2階、地上10階の建物を整備している。延べ床面積は約2万4000平方メートルで、1〜5階は衣料品、雑貨などを扱うテナントが入る。6〜9階には複合型映画館が開業する。
 地下1、2階は駐輪場や自動二輪車置き場、月決め駐車場、荷さばきスペースなどを設ける計画。来客用の駐車場は西へ約200メートルの既存駐車場と提携する。
 具体的な開設日や入居テナントは未定。同社広報IR室は「工事の進み具合を見守りながら、どういったテナントがいいかなどを検討したい」と説明する。


関連ページ: 宮城 経済

2015年05月30日土曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る