福島のニュース
  • 記事を印刷

原発PR看板残して 標語考案者が署名簿提出

署名簿を伊沢町長に手渡す大沼さん(右)

 東京電力福島第1原発が立地する福島県双葉町の2カ所に設置され、町が撤去を検討している原子力PR看板の現地保存を求め、看板の標語の考案者で、茨城県古河市に避難している自営業大沼勇治さん(39)が8日、6502人分の署名を伊沢史朗町長に提出した。
 大沼さんは、いわき市にある町仮役場で伊沢町長に署名簿を手渡し、「看板は原発事故の遺構として歴史的価値がある」と強調した。伊沢町長は「町民にはさまざまな意見がある。署名の中身を検討し、大局的に判断したい」と応えた。判断の時期については、報道陣に「もう少し時間がかかる」と述べるにとどめた。
 大沼さんによると、3月からウェブサイトや各地の集会などで署名を集めた。全署名のうち、双葉町民と確認できるのは「50人以上」と言う。
 二つのPR看板は帰還困難区域にあり、大沼さんが考えた「原子力明るい未来のエネルギー」などの標語が記されている。
 町は老朽化を理由に、本年度一般会計予算に撤去費410万円を計上した。だが、大沼さんが3月に要望書を提出し、町議会の一部にも慎重な意見があることなどから、伊沢町長は予算成立後、「あらゆる状況を排除せず、幅広く対応を考える」との方針を示した。


2015年06月09日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る