宮城のニュース
  • 記事を印刷

手作りチョコで昏睡強盗 容疑で女子大生逮捕

 仙台中央署は26日、睡眠薬入りのチョコレートを食べさせて男性から現金などを奪ったとして、昏睡(こんすい)強盗の疑いで、仙台市若林区五橋3丁目、東北薬科大6年の小浜翠(みどり)容疑者(23)を逮捕した。「カードを取ったのは確かだが、お金を盗んだかは覚えていない」と容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は3日午後8時〜11時30分ごろ、青葉区の居酒屋で、多賀城市の男性会社員(55)に睡眠薬を混ぜたチョコレートを食べさせて眠らせ、財布から現金2万5000円とクレジットカード2枚を盗んだ疑い。
 2人は出会い系サイトで知り合い、この日が初対面だった。男性は「女性の手作りというチョコレートを食べたら、約30分後、その場で寝入ってしまった」と話しているという。
 小浜容疑者は男性のクレジットカードを使い、コンビニの現金自動預払機(ATM)で約70万円を引き出したほか、アクセサリーなどを購入するなど計約100万円分を使用したとみられ、同署は窃盗容疑も視野に調べる方針。
 同署によると、飲食店で女性と一緒に食事中に眠らされ、現金を盗まれたとの被害届や相談が数件あり、関連を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2015年06月26日金曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る