宮城のニュース
  • 記事を印刷

定住外国人の被災議論 仙台でシンポ

外国人の被災体験について語り合ったシンポジウム

 「日韓地方紙フォーラム」に合わせ、「定住外国人にとっての東日本大震災−在日コリアンを中心に−」と題したシンポジウムが11日、仙台市青葉区の東北学院大土樋キャンパスであり、市民ら約150人が集まった。(1面に関連記事)
 被災地に住む外国人の震災後の状況をテーマに、同大経済学部の郭基煥(カク・キカン)教授や、東北大東北アジア研究センターの李善姫(イ・ソンヒ)専門研究員らパネリスト4人が意見を交わした。
 在日コリアンを対象に被災体験の聞き取り調査をした郭教授は「震災後、コリアンは助けられる側になったし、助ける側にも回った。非常時にコリアンと日本人の間で『共に生きる』が実践された」と強調した。
 李研究員はコリアンの妻が日本人の夫から震災後の厳しい生活の中で暴力を受けるようになったケースを挙げ「(日本人と外国人の)隔たりにも目を向けなければならない」と指摘した。


関連ページ: 宮城 社会

2015年07月12日日曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る