青森のニュース
  • 記事を印刷

「青森の黒にんにく」地域団体商標登録に

青森の黒にんにく

 独特の食感と真っ黒な色が特徴の「青森の黒にんにく」が地域団体商標として登録される。青森県黒にんにく協会(おいらせ町)が昨年9月に特許庁に申請し、8日付で認められた。県内では8件目、東北では42件目となる。
 青森の黒にんにくは白いニンニクを高温高湿の環境に3〜4週間置いて熟成させた。ニンニク特有の刺激臭はなく、白より栄養価や糖度が高く、食感はドライフルーツのよう。
 協会によると、青森の黒にんにくを使った商品はみそやチョコレートなど数十品目あり、売上高は年間約15億円に上る。柏崎進一理事長は「全県的なブランドとなり責任感が高まる。他県産品と差別化ができる」と登録効果に期待する。
 地域団体商標は地名と商品・サービスを組み合わせた制度。青森県内では大間町産「大間まぐろ」などが登録済みで、「あおもり藍」など3件が出願中。


関連ページ: 青森 経済

2015年07月18日土曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る