宮城のニュース
  • 記事を印刷

震災の犠牲者「仮埋葬地」形跡とどめず

 東日本大震災の犠牲者を一時的に土葬した「仮埋葬」の跡地の大半が、当時の形跡すらない状態になっている。宮城県内6市町の15カ所は復興工事の作業場や更地になり、伝承碑などは設けられていない。荼毘(だび)に付して弔うこともできないほど過酷だった震災の現場をどう語り継ぐのか、課題を指摘する声も出ている。(「祈りと震災」取材班=報道部・鈴木拓也)

 宮城県内で仮埋葬がなされた場所は図の通り。石巻市が最多の7カ所で、亘理町3カ所、気仙沼市2カ所、東松島市と女川町、山元町各1カ所だった。
 各地とも犠牲者の多さに火葬の処理能力が追い付かず、震災後の2011年6月までに計2108人の遺体をいったん土葬した。その後掘り起こされ、同11月19日までにようやく全て荼毘に付された。
 埋葬地には公園や墓地などが選ばれた。石巻市のうち雄勝地区では公園脇の市有地で52人を仮埋葬した。現地にはいま、被災した岸壁工事の業者向けの作業小屋が立つ。門脇地区の広場は12年秋に人工芝を敷き、早期に復旧した。
 市内の他の5カ所も当時の状況を伝えるものはない。市の担当者は「家族としては受け入れ難い緊急避難措置だった。そうした感情を考えれば残す選択はそぐわない」と語る。
 亘理町の観音院は仮埋葬地を提供。跡地には砂利を入れ、駐車場として使えるように整備した。既におはらいの法要が執り行われた。和尚の本郷正繁さん(73)は「たとえ慰霊碑を建てるにしても誰がやるのか」と戸惑う。
 仮埋葬地をめぐっては12年、宮城県内外の有識者でつくる「3.11震災伝承研究会」が15カ所を震災遺構の保存候補に挙げたが、機運は高まらなかった。
 研究会座長で減災・復興支援機構(東京)の木村拓郎理事長は「災害のスケールの大きさを物語る場所で、個人的には残念に思う。仮埋葬があった現実を伝える看板などの設置をどこか1カ所でも考えてもいいのではないか」と話す。


2015年07月30日木曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る