宮城のニュース

藻塩製造「顔晴れ塩釜」廃業へ 原発風評影響

 特産「藻塩」を製造する宮城県塩釜市の合同会社「顔晴(がんば)れ塩釜」は、8月末で廃業することを決めた。地域おこしとして海水を煮詰める古来の製塩法を復活させ、藻塩を商品化。塩を生かした食品も開発して販売してきたが、採算が合わなくなっていた。塩作りを別の形で続けるかどうかは今後、検討する。
 同社によると、ピーク時は年3000万円を超える売り上げがあったが、昨年夏ごろから1割以上落ち込み、人件費や燃料費、施設の修繕費といった経費がかさんだ。国の雇用対策として年約300万円の補助金を受けていたが、2014年度で終了した。
 塩釜ならではの商品を開発しようと、07年に有限責任事業組合としてスタート。09年に塩の量産化に合わせ合同会社に改組した。藻塩のほか、食品、土産用ストラップなどを次々に発売。塩釜をはじめ2市3町の土産店などが商品を扱い、菓子店やすし店が藻塩を活用するなど、地名にちなむ特産品として定着していた。伊藤栄明代表社員は「復興支援関係の需要が落ち着き、原発事故の風評も根強くあった。残念だが、事業を続けるのは難しいと判断した」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2015年08月05日水曜日

先頭に戻る