青森のニュース
  • 記事を印刷

<闘犬の本場青森>長期飼育 周囲知らず

逃走したアカ

◎土佐犬を追う(上)逃走騒ぎ

 青森県で8月、土佐犬が逃げ出す騒ぎがあった。被害はなかったが、地域に緊張が走った。「危険」「動物虐待」。今の時代、そんな言葉で語られる闘犬は戦時中、この地で血脈をつないだ。知られざる全国有数の闘犬の本場青森を歩いた。(八戸支局・岩崎泰之)

<「鍵開けられた」>
 三沢市の南に隣接するおいらせ町に、その2匹はいた。雌の親子で8月17日夕に犬舎から逃げ、警察官らが探す中、約4時間後に飼い主の敷地で見つかった。
 「2匹ともおとなしい性格の土佐犬だけど、普通の人はびっくりするべ。地域の人に申し訳なくてなぁ。自分から町に放送で注意してもらうよう頼んだんだ」
 飼い主の男性(63)は18日、フェンスで囲った飼育ケージ掃除の手を休め、ここから逃げたと説明した。資材置き場の奥で、外から見えない。鍵はフェンス出入り口のドアノブと上部に2カ所。
 男性は「施錠したが、誰かがいたずらした。1年前も鍵を開けられた。毒餌で3匹をいっぺんに殺されたこともある。強い犬がいると売れと言われ、断ると1週間後に死ぬ。闘犬はそんなのばかりだ」と恐ろしいことをさらりと話した。

<閉ざされた世界>
 実際、闘犬は閉ざされた特殊な世界だ。犬だけでなく人同士のもめ事も多い。あまり知られていないが、青森は闘犬の愛好家の数が全国一とされ、特に三沢市、六ケ所村などの一帯が盛んだ。
 町では目撃情報があれば町内放送や緊急メールで注意を呼び掛ける。人的被害はないが、本年度はこれで2件目となった。
 万が一事故が起これば大事に至る。地元の犬の訓練士(62)は「逃げた犬はパニックを起こしやすい」と指摘した。
 2匹が逃げた男性方には計7匹の成犬がいた。飼育歴は約20年。多い時は20匹以上いたというが、近所の人たちは「見たことがない」と口をそろえた。
 大半の土佐犬は周囲の目をはばかるように飼われている。犬を飼うために郊外に引っ越す人もいる。
 極力外に出さず、散歩は車にリードを結んで人や車の往来が少ない時間を選び、犬舎はいたずらされないよう人目に付かない場所に設ける−。事故を回避するための飼い主の常識は、世間での肩身の狭さを表しているようにも映る。

<ペットとは違う>
 男性は人間関係などを理由にもう3年ほど闘犬から遠ざかっている。「土佐犬は闘うより、闘わずにいる方がストレスが大きい。うちの雄たちは闘ってないからかわいそう」。そろそろ潮時だと考えている。
 逃げた2匹は飼育ケージとは別のおりに入れられていた。母犬の名は毛色から「アカ」。闘犬に出ない雌には立派な名前はない。体重は40キロ以上。鉄格子越しの姿は愛らしいが、夜道で遭ったら怖がられるのは間違いない。
 後日再訪すると、親子がいたケージは解体されていた。男性は「近所に迷惑かけたからな。3匹をよそにやって、4匹に減らす」
 愛着はあってもペットとは違う。土佐犬の現実だ。

[土佐犬]江戸時代後期から明治時代にかけ、四国犬に洋犬を交配して作られた。青森県内の登録犬数は600〜700匹。おいらせ町は70〜80匹。実際はもっと多い。誰でも飼えるが、「特定犬」に指定して厳重な管理を義務づけている自治体もある。


関連ページ: 青森 社会

2015年09月01日火曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る