宮城のニュース

<宮城豪雨>やじ馬と不審者 被災者を悩ます

渋井川の堤防上を行き交う多くの車。中部や関西方面のナンバーも見られる(写真は一部加工しています)

 記録的豪雨で浸水した家の片付けに追われる宮城県大崎市古川西荒井地区などで、やじ馬とみられる人が無断で敷地に入り込み、被災者をいら立たせている。古川署は不審者に対する警戒を強め、特命班を編成して被災地域を巡回している。

 渋井川の堤防決壊現場に近い西荒井上田の農業相沢正悟さん(67)宅には、13日だけで20台以上の自動車と約20人の見知らぬ人が入り込んだ。断りもなく屋敷内を歩き回り、家の中を無遠慮にのぞき込むという。
 相沢さんは「やじ馬というより不審者だ。日中に16人まで数えた。未明の午前2時、3時にも入ってくる」と憤る。
 近くの主婦(42)も侵入者に悩まされている。「高校生の息子が『何ですか』と出ていくとパーッといなくなる」と言う。「息子が学校に行っている平日が怖い。昼食後に休む時は倉庫まで戸締まりする」と表情を曇らせた。
 渋井川の堤防上で、決壊箇所の補修現場に入る車を規制する男性警備員は「復旧作業とは無関係の車が多く、業務の妨げになる。県外ナンバーの車も目立つ」と言う。
 古川署によると、空き巣被害などに関する報告はまだない。柴田剛副署長は「不審者の情報は把握している。11日に特命班を編成した。交番勤務者を含め20人以上の体制で西荒井や古川師山(もろやま)を警戒している」と話す。
 ボランティアを装う窃盗団や、損壊家屋を目当てにしたリフォーム商法などへの注意も呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2015年09月15日火曜日

先頭に戻る