岩手のニュース

ビールに合う野菜「パドロン」遠野で生産拡大

収穫前のパドロンを手にする吉田さん

 岩手県遠野市でスペイン野菜「パドロン」の生産が増えている。大手スーパーが一部店舗で販売を始めたことから、昨年の倍以上となる5トンの収穫を目指す。素揚げして食べるのが一般的でビールとの相性が抜群。生産組合代表の吉田敦史さん(42)は「日本で珍しいうちに、遠野を一大産地にする」と意気込む。
 パドロンの見た目は、ピーマンに似ている。とろっとした食感と、ほのかな甘みが特徴。スペインでは素揚げして塩をまぶした料理が、ビールのつまみの定番となっている。市の重点品目で、7〜9月に収穫期を迎える。
 吉田さんは2012年に生産を始めた。国内ではほとんど作られておらず、「枝豆と並ぶビールにぴったりの野菜」として、調理法と共に売り込む戦略を思い付いた。
 大手ビールメーカーの農業経営者育成プロジェクトに参加した経験を生かし、飲食店向けPRに力を入れている。14年7〜9月には全国展開のビアレストラン「キリンシティ」がパドロンを提供した。店舗での注文数が枝豆を上回ったことで手応えを感じ、12月に農家仲間と生産組合を設立した。
 遠野市がビール原料となるホップの産地であることを生かし、ビールとの組み合わせで「遠野パドロン」のブランド化を目指す。ホップ栽培にも乗りだした吉田さんは「ホップの香りとともに育ったパドロンというストーリーを武器に、販路開拓と生産拡大につなげたい」と力を込める。
 パドロンは仙台市、盛岡市をはじめ、キリンシティ全国35店舗で今月いっぱい、味わえる。1人前580円。


関連ページ: 岩手 経済

2015年09月25日金曜日

先頭に戻る