福島のニュース

<原発事故>復興牧場が完成 東北最大規模

 東京電力福島第1原発事故で離農を余儀なくされた福島県の酪農家の営農再開を支援する「復興牧場」の落成式が25日、福島市であった。浜通りなどで酪農を営んでいた5人が共同経営し、東北最大規模となる乳牛580頭を飼育する。
 同市土船に開設された約3.6ヘクタールの牧場は既存農地などを活用して造成。1度に40頭を搾乳できる最新設備を備える。総事業費は約20億円。大半を国や県の補助金で賄った。
 南相馬市、浪江町、飯舘村で営農していた5人が設立した農業生産法人「フェリスラテ」が運営。年間5000トンの出荷を目指す。飼料や牛乳の放射性物質を自主検査し、安全性をアピールする。
 原発事故で休業した避難区域の酪農家76戸のうち、他地域に移転した2戸も含め、再開を果たしたのは13戸にとどまる。
 フェリスラテ社長の田中一正さん(44)は「経営を軌道に乗せ、仲間が元気を出してくれるよう酪農人生の集大成として取り組みたい」とあいさつした。


2015年09月26日土曜日

先頭に戻る