宮城のニュース

「嵐」去った後も「芝」大丈夫だった

「嵐」のコンサートに使用後、良好な芝の状態で開催された、なでしこリーグ仙台Lの試合=宮城スタジアム

 人気グループ「嵐」のコンサートが開かれた宮城県利府町の宮城スタジアムで27日、サッカー女子、プレナスなでしこリーグの仙台レディース(仙台L)−千葉戦が開かれた。大勢の嵐ファンが訪れた直後の試合で、芝生の状態が心配されたが、最新素材のマットが活躍し、ピッチ状態はおおむね良好。試合は無事に終了した。万全の対策が功を奏し、関係者は胸をなで下ろした。

 コンサートは秋の大型連休(19〜23日)中の4日間で、計20万人以上を動員。ピッチ上に観客の一部を入れ、大型舞台を設置して行われた。施設を管理する宮城県スポーツ振興財団は「(休演日を含む)5日間芝を覆い、20万人のイベントを開くのは全国でも聞いたことがない」として、ピッチ保全の準備を進めた。
 同財団によると、4〜6月、実際に5日間通してピッチの上にマットを敷き詰め、負荷の調査を6回行った。結果、ピッチを覆っても光と空気を通し、芝生の光合成を阻害しない最先端技術のマットに行き着いた。7月には公演で使う大型舞台を鉄骨で実際に組み立てて5日間、最終調査。問題ないと判断し、コンサートを迎えたという。
 コンサート終了からわずか4日後の試合となり、仙台Lを運営するベガルタ仙台関係者も「芝生は大丈夫か。当日試合はできるのだろうか」と気をもんだが、鮮やかな緑のピッチに安堵(あんど)した。
 試合に出場した仙台Lの嘉数飛鳥主将も「一部に芝生が寝ている部分もあったが、それ以外の部分は良かった」と満足した様子で語った。
 同財団によると、今回の芝生管理は、全国のスタジアム関係者に注目された。今後、「宮スタ方式」「嵐方式」として広まる可能性もありそうだ。
 財団事業推進部の三国清美部長は「選手にけがなど迷惑を掛けてはいけないと、懸命に準備した。きれいなピッチを維持できてほっとしている」と話した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2015年09月28日月曜日

先頭に戻る