福島のニュース
  • 記事を印刷

<全町避難>経験なき大移動 困難極める

バスでの避難を住民に伝える貼り紙。周辺道路が渋滞していたことが分かる=富岡町文化交流センター「学びの森」の掲示板

 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県富岡町は、事故当時の町の対応や避難過程などを収録した「東日本大震災・原子力災害の記憶と記録」を発刊した。原子力災害への無力感や避難所運営の苦労、再生への希望が、町職員らの率直な言葉で語られ、原子力施設を抱える他の自治体への教訓になる一冊とも言えそうだ。

 「町民が一斉に川内村を目指して動き始めた。道は県道小野富岡線1本だけだ。たちまち渋滞し、流れは止まった」
 全町避難を強いられた富岡町。第1章は原発事故直後の大移動の混乱が記録されている。国道は寸断、大渋滞、避難用バスの確保は難航…。人口1万6000の町が丸ごと避難する難しさを、証言が裏付ける。
 福島第1原発から8キロの町が避難を決断したのは3月12日朝。北には第1原発があり、南への避難も国道6号の崩落などで断念。西側の川内村へ移動を決めた。
 全町避難は防災計画で想定していない。ある職員は自問せざるを得なかった。

 「全町避難?−今まで屋内退避や町内の体育館への避難訓練しか経験のない町民に、突然『町外への避難』を呼び掛けるのはきつすぎるとの思いが湧いた」
 実際の避難では、川内村へつながる狭い県道に車がなだれ込んだ。到着まで通常なら30分。それが4時間以上を要した。
 移動手段がない高齢者らの避難はさらに困難を極めた。バスをかき集めようとするがうまくいかない。
 当時の企画課長で災害対策本部に詰めていた田中司郎さん(65)が証言する。

 「手配し始めてすぐ、ほとんどのバスが押さえられていることが分かった(後に国によって調達されていたことが判明)」
 町が保有するマイクロバスはわずか数台。建設会社などにも協力を要請したが、運転手が避難し動かせないケースもあったという。
 事故の拡大を受け、3月16日、町は川内村からさらに内陸部の郡山市への避難開始を決めた。

 「またしてもバスの手配がつかなかった。『バスがあっても運転手が行かない、バスを動かせない』という。公用バスでは1日では終わらない」
 結局、友好市の埼玉県杉戸町からバス7台の派遣を受け、窮地を脱した。職員たちは悪化する原発からの風向きに神経をとがらせながら、移動手段の確保に常に苦しんでいた。


2015年10月05日月曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る