福島のニュース

原発事故被ばくに労災 白血病作業員初認定

 厚生労働省は20日、東京電力福島第1原発事故の収束作業で被ばくした後、白血病を発症した40代の男性を労災認定した。第1原発事故をめぐる被ばくによる労災認定は初めて。「被ばくと病気との因果関係は明らかではないが、労働者補償の観点から認定した」としている。
 厚労省によると、男性は2011年11月〜13年12月の間に1年半、複数の原発で放射線業務に従事。うち12年10月〜13年12月は第1原発で原子炉建屋カバーの設置工事などに従事した。業務全体で19.8ミリシーベルト、第1原発では15.7ミリシーベルトの放射線を浴びた。30代後半で発症し、現在は通院で治療を続けている。
 放射線被ばくによる白血病の労災認定は、(1)「5ミリシーベルト×業務に従事した年数」以上の放射線に被ばくし(2)被ばく開始後1年以上たってから発症すること−などが基準。男性の場合、放射線量は1年半で7.5ミリシーベルトが基準となり、これを超えた。
 白血病発症にはさまざまな要因があり、100ミリシーベルト以下の低線量被ばくが健康に与える影響はよく分かっていない。ただ、厚労省は救済を重視し、基準を満たせば業務外の要因が明らかでない限り労災を認定してきた。担当者は「年5ミリシーベルトを超えれば発症するということではない」としている。
 男性は作業時には防護服や鉛ベストを身に着け、必要な対策をしていた。
 専門家による厚労省の検討会が13日に会合を開き、労災に当たると判断。これを受けて富岡労働基準監督署(福島県)が認定した。
 これまでの原発労働者に関するがんの労災認定は、白血病6人、悪性リンパ腫5人、多発性骨髄腫2人の計13人だった。
 東電は「労災申請は雇用主か本人が行い、認定は労基署が行うもので、コメントする立場にない。作業員の方にお見舞い申し上げるとともに、作業環境の線量低減に取り組み、被ばく管理を徹底していく」としている。


2015年10月21日水曜日

先頭に戻る