宮城のニュース
  • 記事を印刷

コラボで問う学都と戦争 東北大と東北学院大

仙台空襲前後の市街地の写真を説明する職員=東北大史料館
出征学徒への激励が記された日章旗=東北学院史資料センター

 戦後70年を記念した東北大と東北学院大の連携企画展「学都仙台と戦争」が、仙台市青葉区の東北大史料館と東北学院史資料センターで開かれている。両大学の連携展は今回が初めて。学徒出陣で文科学生が戦線に送られた際の記録資料などを展示する。来年1月29日まで。

 東北大は「東北大生の戦争体験」と題し、約140点を展示する。入隊を控えた学生の手記、1945年7月の仙台空襲後に行方不明となった学生の安否を問う学生課の掲示が保存されていた。仙台空襲前後の市街地を空撮で比較した写真もある。
 東北学院大は「ミッションスクールと戦争」をテーマに約50点を並べる。礼拝堂正面のステンドグラスを覆うように日の丸が掲げられた写真や、日の丸に関係者の激励文が書かれた出征旗を展示した。
 東北学院大の前身である旧高等学部は43年に文科を廃止。国策に沿う形で44年に航空工業専門学校を設立した。東北学院史資料センターの星洋和さんは「学校の生き残りを図るため、戦闘機の整備士を養成する学校に転換せざるを得なかった。戦争が教育現場に与えた影響を考えてほしい」と話す。
 24日には展示解説がある。東北大では午後1時、東北学院大では午後2時半から。両会場を巡回して聞くことができる。
 東北大史料館の開館時間は平日午前10時〜午後5時。東北学院史資料センターは平日午前9時〜午後5時。土曜日の24日は特別に開館する。
 連絡先は東北大史料館022(217)5040、東北学院史資料センター022(264)6538。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2015年10月22日木曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る