宮城のニュース
  • 記事を印刷

<仙台いじめ自殺>無関係の生徒 ネット中傷被害

 仙台市泉区の館中1年の男子生徒=当時(12)=が2014年9月、いじめを苦に自殺した問題で、市教委は28日、男子生徒が所属していた部活の中ではいじめがなかった一方、一部の複数部員がクラスなどでいじめに関わっていたことをあらためて明らかにした。
 河北新報社は、市教委の第三者委員会がまとめた自殺に関する調査報告書を情報公開請求で入手し27日、「部活動をめぐる悪口も繰り返されていた」と報道。部活に関する悪口との趣旨だったが、部員の保護者から「無関係の部員がインターネット上で加害者扱いされている」とのメールが寄せられたため、市教委に説明を求めた。
 報告書によると男子生徒は、部活を休んだことについて教室や廊下で掃除時間などに「仮病」「サボり」と、部員とみられる生徒から悪口を言われることはあったが、部活内でのいじめは「現段階では把握されていない」(市教委)という。ただ、第三者委が年内にも着手する追加調査で新事実が判明する可能性は否定しなかった。
 いじめに関わったとされる生徒11人のうち、部員が何人かは明らかにしていない。
 いじめとは無関係の生徒らがネット上で加害者として実名をさらされるなどの被害は、いじめ自殺を公表した8月下旬から続く。市教委は27日までに300件以上を削除したが、削除しても新たに書き込まれ、追い付かない状況という。教育相談課の担当者は「誹謗(ひぼう)中傷はしないでほしい」と呼び掛けた。


関連ページ: 宮城 社会 いじめ自殺

2015年10月29日木曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る